京都の経営者

先日、奈良の経営者のことを書きました。

その時、奈良の経営者と京都の経営者とは何が違うのか。

京都には日本を代表するような企業が数多くあります。

奈良には古いけれど大きくなりきれない企業が多いのです。

何が違うのか。


今日稲盛さんが20年前に書かれた本を読んでいると、京都の経営者のことが書かれていました。

京都はベンチャー企業発祥の地だと言われているようです。

ローム、ワコール、オムロン、村田製作所、任天堂、京セラ等がそうです。

そのようなベンチャー企業がなぜ京都で生まれたのでしょうか。


稲盛さんは京都の経営者に共通した気質があると言います。

1つは冒険心が強いこと。

2つ目には挑戦的であること。

3つ目は勝ち気で負けん気が強いこと。

4つ目は創造的であり独創的であること。

5つ目は正義感に溢れていること。

6つ目は陽気で積極的なこと。

7つ目は反骨精神、反権力的精神の旺盛なところ。

8つ目は大変努力家。

稲盛さんはこの8つをあげていますが、先に上げた企業は互いに親密な交流があるようです。

京都という狭い土地にあるのですから、競争相手であっても互いに切磋琢磨し刺激し合う環境にあることも、優良企業育成の土壌になっていたのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる