狭量な意見

人と話していて、よく思うことなのですが、あまりにも狭小的な考え方をする人が多くなっているように思います。

これだけ情報が溢れている時代で多様な意見を知ることができるのに、自分の考えに固執する人が多くなったように思います。

それはもしかしたら情報が溢れていて、それに流されないようにしようと思うためなのでしょうか。


そのような現象は世界中で起きています。

極右と極左、宗教の中でも原理主義の主張など、極端な方向に人の心が惹かれています。

相手が間違えている。

自分の意見を絶対に譲らない。

自分の考えが絶対に正しい。

そして自己主張こそが自分表現であり、それは正しいこと。

それが自由主義・民主主義だと世界中で教えられてきました。

それは正しいのですが、それに固執するあまり、逆に自分自身を失っているように思います。


極端な考え方に傾倒するのは、考える努力を放棄しているのかもしれません。

極端な考え方をする方が楽なのです。


では今、必要なことは何か。

1つは人の意見を受け入れることのできる度量を身につけること。

それを身につけるには古典などを通しての人間学を学ぶこと。

もう1つは、人の意見を理解するための勉強です。

ネット情報に頼るだけでなく、本を読むこと。

本を読むことで深い理解が得られます。

特に反対意見の本を読むこと。


今の世の中で真っ当に生きるには、この2つが大切なことのように思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる