勇気

「勇気とは慣れた自分を捨てること」

これはラグビー日本代表ヘッドコーチだったエディ・ジョーンズ氏の言葉です。

頑張って、高くて安住した生活を手に入れると、人はそれに慣れて生きます。

常にチャレンジし続けて、何度も自分を脱皮する。

それはなかなか、凡人にはできないことです。


この言葉を読んで思ったのはピカソでした。

ピカソは常に新しいことに挑戦していました。

ピカソの画風は常に変わっていったそうです。

調べてみると「青の時代」「バラ色の時代」「アフリカ彫刻の時代」「キュビズムの時代」「新古典主義の時代」「シュルレアリスムの時代」があります。

普通は、天才と言われた画家でも、1つの自分の型が出来るとその傾向の絵ばかり書きます。

それで絵も売れ、名声も得れます。

しかし頻繁に自分の型を壊し、新しい型を作っていたのはピカソくらいでしょうか。


10月に折角スペインに行ったのにピカソの絵を見ていなかった。

今、後悔しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる