母港

子供達が自立し家を出て行くと、親の役目は一旦終わります。

夫婦2人の生活になりますが、時々は子供達も家族連れで帰ってきます。

自立し、家庭を持って毎日一生懸命生活している子供達にとって、普段、親や実家はあまり気に留めないものです。

でも時として、毎日の生活や子育てに疲れたりすると、フット親を思い出すようです。

それでいいのです。


実家に帰って来た子供達は手足を伸ばしってゆっくりします。

母親に甘えます。

「孫は可愛いでしょう」と言って、孫達を私達に預けます。

しばらく居て、元気を充填したのちは自分の家に帰っていきます。


前にも書きましたが、実家は「母港」です。

出航した船が帰ってくるところです。

母港はいつ帰って来てもいいように、ウェルカムの状態でなければなりません。

ただ、母親が元気でなければ「母港」とは言えません。

決して「父港」ではないのです。

母親に甘えようかと思うから「母港」に帰ろうかなという気が起きます。


将来万が一、母親が先に死に、父親だけになってしまうと、「父港」には父親の世話や介護に来ることになるだけでしょうか。

父親と母親の違いは大変大きいです。


今月末にはしばらく一緒に暮らして居た長女家族も出航し「母港」を離れる予定です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる