勉強会の意味

経営者の集まりというものが沢山あります。

ローターリークラブ、ライオンズクラブは代表的なものですが、異業種交流会、そして勉強会などがあります。

経営に役立つという理由で参加されている経営者も多くいます。

参加されるのはいいのですが、大事なのはその会の中での「立ち位置」だと思います。

その会にのめり込んで、肝心の経営がおろそかになっては全く意味がないのです。


経営の勉強会で学んだことを実践で生かし、会社を発展させることが大切です。

ところがその会に参加することや仲間作りに熱心になり、勉強が実際の経営に生かされていない。

そんな経営者をよく見かけます。

勉強会は大切です。

決してそれを否定しているのではありません。

ただ、正しい考え方や思いを学び、経営者としての自己を高めること。

経営のノウハウを学んで会社を発展させること。

どんな立派なことを学んでもそれを生かさなければ全く意味がありません。


残念ながら多くの場合、学んだことはすぐに経営の中で形に表れません。

それでもそれを繰り返し繰り返し試してみる、挑戦するところに勉強を継続する意味がある思います。

その内にその経営者の社長としての器が成長し、その会社独自の経営形態が出来上がるのです。

勉強会という他の人に引っ張られて飛ぶグライダー経営ではなく、自力で飛べる飛行機にならなければなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる