シニア起業

先日、知人女性が学校を定年退職し、一段落したので訪ねてこられました。

これからは誰か人のために役立つ仕事をしたいと言います。


歳を取り、退職した人の多くは同じような思いに至ります。

そして出来ればボランティアでなく、自分が持っている能力を生かしていきたい。

そのように思う人は多いです。


彼女も趣味を生かして、人に喜ばれる仕事をしています。

しかし採算が合わず赤字だといいます。

色々な理由で、価格設定を高くは出来ないそうです。

でも人のためとは言いながら、赤字では続けられません。

その仕事の儲ける仕組みを練り直すか、別の分野に進むか。

それしかないと思います。


先日の日経新聞に「シニア世代の起業家は63万人」との表題で記事が載っていました。

63万人は多いように思いますが、その割合はシニア世代の4%程度でしかありません。


これからの日本の財政は不安です。

年金もどうなるか分かりません。

年金不足を補う上でもシニアの起業者は増えると予想されます。

しかしシニア起業しても儲からなければ意味がありません。

「起業したために退職金を失った」ということになったら大変です。


シニアの起業では無理をしない「身の丈起業」の考えが大切です。

そして起業の時、気を付けなければならないことがあります。

シニアは頭が固くなっていると自覚することです。

素直に人の意見を聞くより、自分の経験や遣り方に固執する傾向があります。

ここのとことをよく自覚しなければなりません。


これから国や市がシニア起業支援を進めるでしょう。

その時、事業計画書の作り方や借り入れの方法を教えたり、金を出すより、大切な事があります。

それは「意識改革」の為の講座作りです。

現役時代、成功体験のあるシニアは特に必要です。

自意識の強さ、頑固な考え。

それをなくし、新しいことを受け入れる柔軟性と素直さ。

それを理解させる講座です。

自分を変える努力。

それがなければ、いくら素晴らしい起業プランがあっても成功は難しい。

私はそう思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる