作業現場

先日、「新国立競技場建設現場で働く社員が過労が原因で自殺」というニュースが流れていました。

ただでさえ限られた短い工期の中で行われる作業にもかかわらず、設計変更などで現場にしわ寄せが来た結果、残業が月200時間近くあったと言われています。


私共の会社は家具を作っています。

コントラクト家具といわれる家具が主です。

コントラクト家具とは学校や病院、図書館などの公共施設や商業施設などで利用される箱物や椅子・テーブル等のことです。

この家具の納入は躯体工事が終了した工事最終時期になります。

建物の内部意匠についてはオーナー側が一番気にするところで、その最終決定までは変更変更の繰り返しです。


一方、家具の納入日は決められています。

決定遅れのしわ寄せは私共の会社に来ます。

ほとんど制作期間がない中、残業をしてでも完成させることになります。


工程通りにオーナー側が決定していけばいいのですが、そうはいきません。

意匠決定が決められた日より大幅に過ぎてもオーナー側は責任を負いません。

一度決定したことも平気で覆します。

設計者はオーナーの意向をそのまま建築会社に指示します。

建築会社は下請けに指示し、工期だけは変わらない旨伝えます。

負担は下請け会社、そしてその従業員に来ます。

断ることが出来ません。

出来ないと言えば他社に仕事が取られます。


今回新聞記事になった件も、亡くなった社員の所属会社1社では何も出来ません。

仕組みそのものを根本から変えなければ解決できない。

根深いモノがあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる