ふるさと納税

「ふるさと納税」について。

今朝の新聞に「ふるさと納税」の額が減少しているとありました。

総務省が高額返礼について待ったを掛けたため、それを目当てに寄付する人が減ったためだそうです。

平成20年に始まったこの制度は「遠く離れた自分のふるさと」や「好きな町」を応援しようという趣旨で始まったはずです。

それがいつの間にか高額返礼を目当てに寄付をするようになり、その為のHow to本まで出ているようです。

ふるさと納税は、希望する人が自発的に、「支援したい」「応援したい」という思いで、自分で選んだ自治体に寄附金を送るという制度です。

偉そうなことを言うつもりはありませんが、今の現状を見ると少し情けないという思いがします。


高額返礼を廃止し、お礼状だけにした時、どれほどの人が寄付をするでしょうか。

その時に初めて日本人の志のレベルが分かる気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる