FC2ブログ

職住一体

連休が続くと家にいることが多くなり、運動不足になります。

ふだん運動することない私は尚そうです。

そこで雨が降らない日は1時間散歩することにしました。

散歩道はなるべく普段通らないところを歩きます。

歩きながら発見や再発見があります。


昨日も歩いていると、1階がお店、2階が住居式の建物が結構ありました。

商店では「店舗+住居」が当り前でしょう。

飲み屋さんもそのような形態があります。


この形態でお店をもつことで、住居費を削減し、通勤費・通勤時間を無くして、費用・時間効率が良くなります。

でも最近このような形で店を持つ人が少なくなっているようです。

店と住宅を違う場所に構え、通勤しています。

「仕事と生活は別」という考え方なのでしょう。

確かに「仕事場と生活の場を別に持つべきだ」という考え方で、私は起業者向けのレンタルオフィスを運営しています。

しかし、お店をもつ場合は別です。

お店の運営には家族のお協力が必要です。アルバイトを雇うことはズーと後で考えるべきこと。


昔に読んだ邱永漢(きゅうえいかん)さんの本に書いてあったのを思い出します。

邱さんは台湾生まれの87歳になる経営コンサルタントです。

日本がバブルの頃大変影響力のある人でした。

邱さんの本の中で自分が最初に会社をもった時、事務所が夜には住居になったと書いています。

その頃は結婚したばかりですが、奥さんも同じ事務所で仕事をし、社員が帰った後に、事務机で夕食を食べ、寝る時は事務机を合わせてベットがわりにし、その上に布団を引いて寝たそうです。

事務所には台所も、トイレも付いており、風呂は銭湯があります。

邱さんは「中国人はそのようにするのが当り前で、それによってお金を節約した」と書いてありました。

そして「なぜ日本人はわざわざ別のところにアパートを借りるのか」とも書いています。


今の時代、事務所で生活するというのは大変でしょうが、「職住一体」も起業したての頃は考えてもいいのではないでしょうか。

起業したての頃は事業費も生活費も出処は一緒です。

また、起業したての頃は1日中仕事漬けになります。

「職住一体」によって足腰の強い経営体質が作られると思います。
スポンサーサイト



テーマ : 起業・独立への道
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる