弱者の戦略

起業した人が私の周りに多くいます。

今朝も朝早くからオフィスに来ていた起業家と話をしました。

業績を聞くと、「今は新規が増え過ぎて・・」と嬉しそうです。

それを聞くと私も嬉しくなるし、「頑張れ!頑張れ!」と声を掛けたくなります。


起業家の中でもうまくいかない人も時折います。

上手くいかない原因の1つに目標作り、販売計画にあります。

大きな会社を相手にするような営業をしていると、ただ消耗するだけで売上も利益も上がりません。

やる気いっぱいの人はつい自分より大きな会社、強い会社を意識し、同じような商品を売り、同じ顧客を獲得しようとしますが、なかなか上手く行きません。

目的は「日本一の会社になる」でもいいのですが、だからと言って初めから自分より強い会社と闘ってはいけません。

ランチェスターの法則で言う「弱者の戦略」で行くべきです。

小さな地域や部分的なところで一番を目指すことです。


これは起業家ばかりでなく、中小企業の経営者にも言えます。

私のグループ会社の中でも昨年整理したところがあります。

競争相手の会社が大量生産、大量販売、低価格の規模の大きさでシェア―を広げてゆきます。

それに太刀打ち出来なくなったのです。

相手企業は「強者の戦略」で戦い、私のグループ会社はそれに引き込まれてしまいました。

規模の大きさ、資金的にも差があり、回復する見込みがないとして整理されました。

「弱者の戦略」を見出して経営戦略の方向転換をすれば良かったのでしょうが、それには規模が大き過ぎました。


その業界が拡大するにつれて、各会社は生産規模の拡大し、大量生産、大量販売、低価格に向かいます。

それについてこれなければ負けてしいます。

業界が拡大し、それに伴い生産性を上げている時、ある時点で今後「強者の戦略」で行くか、「弱者の戦略」で行くか決めなければならない時があります。

それを決める要因は資金力、組織力そして人材です

その選択時期を見逃すと会社は衰退の方向に行きます。


「弱者の戦略」に興味がある方はランチェスター戦略を勉強するといいですよ。
スポンサーサイト

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【弱者の戦略】

起業した人が私の周りに多くいます。今朝も朝早くからオフィスに来ていた起業家と話をしました。業績を聞くと、「今は新規が増え過ぎて・・」と嬉しそうです。それを聞くと私も嬉し...

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる