FC2ブログ

「スペシャリスト」と「ゼネラリスト」

よく「スペシャリスト」と「ゼネラリスト」という言葉が使われます。

専門職の人を「スペシャリスト」と言います。

総合職の人が「ゼネラリスト」です。

「ゼネラリスト」は広い範囲の知識が求められます。

一方「スペシャリスト」は専門の深い知識が求められます。

しかしその深い知識を求めるということは、それに関連する知識・情報も追求し学ばなければなりません。

それを避けては本当の「スペシャリスト」「職人」とは言われません。

それは深い井戸を掘るのに似ています。

深い井戸を掘るためには、幅の狭い穴では無理です。

周りを広げ、幅を広げていって、初めて深い井戸が掘れるのです。

それと同じです。

一時的には「オタク」と言わる専門職も、そのままでは行き着くのは浅い穴を掘るだけで終わりです。

幅を広げるのに他の分野の勉強もします。

結果「ゼネラリスト」に近い「スペシャリスト」が生まれ、リーダーとしての力も発揮できます。


ノーベル賞を取られた山中教授の話を聞いてそんなことを考えました。
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    04 | 2020/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる