FC2ブログ

先週の火曜日の夜、6人目の孫が生まれました。

その日の内に妻と病院に行き、生まれたばかりの孫と対面。

小さすぎて私には怖くて抱けませんでした。

家に帰って祝杯を上げました。

その後、寝て暫くして娘からメール。

生まれた孫の心臓に疾患があり、急遽大きい病院へ転送されたとのこと。

まんじりともせず夜が明けました。

翌日、妻が病院へ行って話を聞くと、その病院では手術は出来ない。

このままだと2週間の命と言われました。

この手術出来る病院は少なく、道内では北大病院。

しかし、北大病院でも10の手術例しかありません。

そこで手術経験が豊富で、100の手術例があるという東京の病院に移送することになりました。

それが一昨日の火曜日。

娘と妻が付き添い、お医者さんと看護婦さん同行で、救急車で空港へ。

無事東京の病院に着き、翌日手術が行われました。

本手術前は1ヵ月後に行われるようです。

また手術はその後も続き、最低でも3回予定されています。

昨日の11時に始まった手術は3時間程かかりました。

手術が成功したとのメールを妻からもらった時、少し涙ぐみました。

折角生まれて来た命。

私に何が出来るか分かりませんが、しっかり守ってやりたいと思います。

観の目 見の目

ある本を読んでいてわかったのですが、宮本武蔵の書いた五輪書に「観の目」と「見の目」という言葉が書かれているそうです。

会社である問題を発見して解決していく。

これは経営者の仕事です。

でも問題があってもそれが問題だと気付かない、見慣れてしまって分からない。

そのような注意力の乏しい状態を「見の目」と言います。

大きな問題は、気付くか気付かないか分からないような、氷山の一角の下に隠れていることが多いです。

常に気を配り、身を乗り出して見る目それが「観の目」です。

五輪書には「観の目強く、見の目弱く」と書かれています。

「観の目を強く」は、稲盛さんがよく言われる「有意注意」の言葉と同じでしょう。

考えさせられました。

琴似B級グルメ祭

昨夜も飲み会でした。

集まったメンバーは銀行支店長、保険代理店社長、IT会社社長、デベロッパー会社専務、染色会社取締役そして私の6名。

皆さんは仕事がそれぞれ違いますが、私達が住む琴似に関連した仕事をしている人達です。

皆さんに集まっていただいたのは、小さいながら「異業種交流」を図りたいと思ったからです。

話の中では琴似における起業支援の話も出て来ました。

琴似の街にはマンションがドンドン出来て人口密度が高くなっています。

琴似で仕事をしている人、起業しようという人達も増えています。

彼らの仕事の成功を支援・応援するのです。

その1つに、琴似限定の「B級グルメ祭(仮称)」を来年開きたいという話が出ました。

参加した6名がそれぞれの立場で協力し、これから賛同者を集め行けば出来そうだという思いで盛り上がりました。

場所はJR琴似駅前の広場という案も出ました。

「楽しいこと」は人を引き寄せるはずです。

現在は思いだけが先行していますが、夢を膨らませて、形を作ってゆきたいと思っています。

私も出来るだけ参加して協力して行きたいと思っています。

自分の心を自由にする

以前読んだ本の中に、ダーウィンの言葉が紹介されていました。

「どんなに気に入った仮設でも、事実がそれに反すると証明されれば、すぐそれを放棄するために、いつでも自分の心を自由にして置くように努めてきた。」

これは自分に自信が無いと言えない言葉です。

自分が考え、主張していた仮設を他人が間違いだと証明した時、それを素直に認める。

それは事実を追求する科学者にとって必要なことでしょう。

しかしそれでも認めることは難しいこと。

一時的にでも自分を否定してしまうことになります。

エライ先生だと、なお難しいことでしょう。


今、世の中には思いもよらないことが多く起きています。

それらの専門家や先生たちは自説にこだわり混乱が起きています。

原発問題ばかりでなく政界、経済界でも起きています。

と言いながら、わが身に振り返ってみれば、「自分がそうなのではないか」ということに気付きます。

「自分の心を自由にする」とは、深く学ぶと共に人間性の成長によって生まれるのでしょうか。

修行が足りません。

カンブリア宮殿

昨夜テレビ東京の「カンブリア宮殿」を見ました。

稲盛和夫さんが出演していたからです。

私はいつも10時過ぎには寝るのですが、10時から始まり11時30分まで眠気も飛んで見入ってしまいました。

稲盛さんがJAL再建に取り組んだ当初、JAL幹部には倒産したという意識がまだなく、会議中そのような幹部におしぼりを投げつけたとうエピソードも紹介されていました。

私達に見せる温和な姿とは別の、仕事に向かう時の真剣な厳しい姿勢が見とれました。

番組の中で、JALの植木社長が稲盛会長はひと時も漫然と時間を過ごしている姿を見たことがないと言っていました。

時間があれば常に書類に書き込みをしながら、真剣に読んで姿を見て、「会長は50年近く、このように誰にも負けない努力をしてきたのだ」と悟ったそうです。

司会者の村上龍さんが言った言葉で「稲盛さんは6年前にカンブリア宮殿に出演いただいて、その時に語っていたことと全然ブレが無いのですね」という言葉が心に残りました。

この稲盛さんのブレないフィロソフィこそが京セラ、KDDIを作り上げ、JALを再建している原動力だと思います。

盛和塾で話されていることと同じことを今JAL再建で実証しているのです。

稲盛さんは私達に良く話していることがあります。

「これだけ皆さんに私の全てを教えているのだから、会社が成功しないわけは無いのですよ」


この番組の中で経費削減の姿が紹介されていました

その1つに、パイロットが鞄を引っ張りながらバスで出勤しているのです。

私はその姿を見て「ヘエ・・」と少し驚きました。

このようにバスや電車で会社へ行くというのは普通は当り前のことです。

でも以前はCAはタクシー、パイロットはハイヤーで送り迎えが当り前でした。

パイロットがホテルに宿泊する時も、会社と組合の取り決めで、部屋の広さがが20㎡以上なければならず、ツインやダブルの部屋を1人利用という形で宿泊していました。

私が東京のホテルの支配人をしていた時、ホテルはCAの定宿でした。

パイロットやCAがそのような待遇を受けているのを知っている私にしてみれば、少し驚きでした。


番組の最後に村上龍さんが書いた文章があります。

「オーラがすごかった。『神様』と話しているような気がしてきた。日本で、最後に残った経営の神様だ。ただし、JALが本当に再建できたのかどうか、現時点では私にはわからない。業績改善のおもな要因はコストカットであり、成長に転ずるには乗客や路線を増やさなければならない。巨大企業の体質がたった2年で変わるのかという疑問も残る。
サバイバルは本物なのか、答えが出るのは5年後だろう。」

村上さんが言うようにJALの本当の再建はこれからでしょう。

楽しみにしながらその経緯を注目して行きます。

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる