FC2ブログ

理不尽なこと

先日、作家の伊集院さんがテレビで「若い人は早いうちに『理不尽』なことは経験するべき」と言っていました。

なるほどと納得しました

同時に、これはとても重要なことだと思います。

世の中全ては自分に都合のいいように動いていません。

また全てがルール通り、決められたように、時には自分が正義と思った通り動いていません。

そして、自分がやりたいと思ったこと、正しいと思ったことが実現出来るとは限りません。

一方、家庭や学校は「理不尽」なことが排除された世界です。

純粋培養な状態で育て、「理不尽」なことは見せようとしません。

でも、そのまま子供が社会に出た時、最初にぶつかるのが「理不尽」なことです。

この世の中は時として「理不尽」なことばかりと思えることもあります。

でもその理不尽さは人を鍛えます。

そしてそれに対する耐性が有るか無いかで世の中の見方も生き方も変わってきます。

草食男子とかオタクと言われる人達はその「理不尽」な世界から逃避しているのかもしれません。

「子供を大事に育てること」と「過保護に育てること」とは似ていますが違います。

私は大事に育ててもらいましたが、過保護ではありませんでした。

改めて親に感謝しています。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

精神・身体的健康

昨日は金曜日に開催しましたフォーラムの主催者と後援者へ挨拶に行きました。

主に歩きでしたが、3ヶ所回って「疲れたな-」と思って、携帯に付いている歩数計を見ると1万歩越え。

2時間で3ヶ所回っての1万歩は運動不足の私にとってきつく、疲れが足にきました。

その後、打合せ、勉強会、懇親会と続き、帰宅が11時半。

寝不足気味で起床。

今朝寝不足の頭で考えることがどうもマイナス思考になっているのに気付きます。


朝そんな状態で妻と話した時の話題。

365日休みも無く朝から晩まで働き、睡眠時間も4~5時間位でも益々元気な人。

一方、仕事がきつく過労死する人。

前者の人はどちらかというと経営者、後者は雇われている人が多いでしょうか。


昨日会ったある若い経営者は、今月東京に進出するために自分の居場所を移すと言っていました。

近い将来アメリカにも拠点を作ると夢を語っていました。

この若い経営者は365日朝から夜遅くまで働きます。

それでいて元気。


夢や目標を持ち、それに真剣に向かっている人は、傍目から見て働き過ぎであっても、身体的・精神的に健康です。

それは現在・過去の成功した経営者の皆さんに言えることでしょう。


今朝は身体的にも精神的にも鍛えなければと思った朝でした

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

論語の言葉

昨日は私が運営するレンタルオフィスに3社が新しく入りました。

私のところのような小さなレンタルオフィスに同時に3社入るのは珍しいことです。

起業を志す人が増えているのでしょうか。

私の事務所には起業を志す人や、既に起業した人が顔を出してくれます。

起業の目的はそれぞれです。

障害者を支援しようとして起業する人、自分の得意を伸ばしたい人、お金を稼ぎたい人さまざまです。

最初はお金を稼ぐことが目的でもいいです。

でもそれだけでは、つまらなくなり、ある程度まで行けば満足し、仕事をする意欲がなくなってしまいます。

やはり仕事をする意味、意義を考えて生きていかなければ、死ぬ時、自分の頭をなでて死ねないのではないでしょうか。

(「自分の頭をなでて死にたい」とは懸命に仕事をして、誰にも認められなくても自分だけは満足して死にたいという松下幸之助さんの言葉)


先日浅田次郎さんの本を読んでいましたら論語の言葉が紹介されていました。

「富を貴(たつと)きとは、それ人の欲するところなり。其の道を以(もつ)てこれを得ざれば、処(お)らざるなり。」

金持ちや高い身分には誰でも憧れる。だが、自分の信念とは違った方法でお金持ちになったり、身分が高くなったりするのであれば、決してそういうものになりたくない、という意味です

続いて
「貧と賎とは、これ人の悪(に)くむ所なり。其の道を以てこれを得ざれば、去らざるなり」

これは誰だって貧乏は嫌だし、卑しい階級に生まれ育つのは嫌だ。しかし自分自身の信念を持って、自分がこれは正しいと思って行った結果、自分が貧乏をしていたり、卑しい階級に貶められたりしているのであれば、あえてその場所を去る必要はない、去るべきでないという意味です。

自分の信念を貫く大切さを説いています。

ここに書かれている「道」とは人としての道のことです。

人は時として自分の欲望から「其の道」を外れてしまうことが多いです。


偉そうに書いていますが、私も信念を持つことの大切さは分かっても、それを持ち続けるのは困難な時もあります。

さまざまな誘惑や欲望に遭遇した時、この孔子の言葉は萎えそうになる自分の心を支えれくれそうです。

この言葉も私の「銘肝録」に記入しました。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

ボランティア活動

昨日は「サポスポ起業家交流会」のランチ会がありました。

毎月第2水曜日12時から開かれています。

毎回スピーチがあり、また参加者の近況報告などを行います。


昨日は60歳代の起業家が行って来た、東北復興支援ボランティアの報告でした。

行く前は体力的にキツイのかと心配していたそうですが、大丈夫のようでした。


今回のボランティアは札幌市社会福祉協議会が中心となり、日本旅行が主催した3泊4日のパックツアーです。

1泊目と3泊目はフェリー泊、ボランティア活動も実質2日間というものです。

今回行った先は大槌町でヘドロの撤去が中心だったそうです。

大槌町は約15,000人の人口のうち1割に当たる1500人が死亡・行方不明と大被害にあったところです。


大槌町の周りの宿泊施設は、自衛隊、警察や各救援隊使用のため、ボランティアの人達は大槌町からバスで3時間かけたところのホテルで宿泊します。

そのホテルも震災のためお客が急減しているとのこと。

ボランティアの人達の宿泊そのものが助けになっています。


3時間かけて現場に行きますので、現場での作業は4時間ほどしかないのですが、60歳を越した参加者にとってはちょうど良かったと言っています。

このツアーは毎週3ツアー出発しています。

私も行きたいと思うのですが、頸椎ヘルニアやぎっくり腰のため、参加することで逆に迷惑をかけてしまいます。


このボランティア報告会が終わってから、ランチ会参加者の1人が発言しました。

偶然にもその方はこの大槌町出身者で、親戚たちが被害を受けいまだ行方不明者もいるそうです。

その話にボランティアに行った人も驚きました。縁なのでしょうか。

最後にその大槌町出身者の人が「心からお礼を言います」と言ったのが大変印象的でした。

経験を生かす

小説を読んでいましたら「青春」「朱夏」「白秋」「玄冬」という言葉が出てきました。

人生を四季に当てはめた中国からきた言葉です。

「青春」は10歳代、「朱夏」は20歳~30歳代、「白秋」は40歳~50歳代、「玄冬」は60歳代以上となります。

60歳以上を「玄冬」と一括で括られているのは昔の寿命を考えてのことでしょう。

今なら10歳以上加算してもいいのかもしれません。


この言葉に似たものが論語にも載っています。

子曰わく

吾十五にして学に志す――「志学」(学を志す)

三十にして立つ――「立身」(独立をする)

四十にして惑わず――「不惑」(まよわない)

五十にして天命を知る――「知天命」(天命を知る)

六十にして耳順(した)がう――「従耳」(人の言葉を素直に聞く)

七十にして心の欲する所に従って、矩(のり)を超えず――「不超矩)(思うままにふるまっても道はなずれない)


この孔子の言葉の中ではやはり、自分の世代の「六十にして耳順がう」はピッタリでしょう。

この年になると物事を知ったかぶりして、自己主張が強くなり、人の話を聞かない世代なのです。

それを克服した時こそ、「七十にして心の欲するところに従って、矩を超えず」とした境地になるのでしょう。

それを克服しなかったら、普通の口うるさい年寄になる・・・


ただこれからのことを考えると、70歳以上の人達の力が必要かと思うことがあります。

この度の大震災の被害は大変のもので、これからは今まで以上に経済にも大きな影響が出てくることでしょう。

復興資金のために増税や国債発行、もしかして日銀が国債購入引き受けなどになったら、ハイパーインフレ・スタグフレーションが起きるとも言われています。

今までの生活基盤が崩れていくこともあるかもしれません。

そのような時に必要なのは「経験」ではないでしょうか。

今回の災害に近い経験をした人達は70歳・80歳代でしょう。

それ以下の人達は知らないのです。

今は戦後ほとんどゼロから始まった日本を立て直してきた人達の知恵が必要になってくると思います。


経験と知恵を年配者から受け、若い人達がそれを生かして復興する。

そのような形が「一丸」となってということです。

今の政情を見ると、「一丸」という言葉と程遠いので本当に残念です。

これからの動きが大変気になるところです。                   


テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

文字を大きく・小さく
    メールフォーム
    ご意見・ご質問をお受けします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー+最終更新日
    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    プロフィール

    起業メンター

    Author:起業メンター
    起業メンター
    起業家が成功するためのレンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」を運営しています。
    起業家の成功を支援して、北海道を元気にします。

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    シンプルアナログ時計
    QRコード
    レンタルオフィス「札幌オフィスプレイス」
    QR
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる